テレクラ「リンリンハウス」系列が運営するマックスが出会える!

出会うならマックスが便利

あなたはテレクラを使った事がありますか?私は20年以上前に始めてテレクラを使って以来、色々な地域のテレクラを利用して女性をナンパして来ました。あっ!私の年齢がバレてしまいますね(笑)

 

1980年代はテレクラの黄金期でした。各都道府県の歓楽街には必ずと言って良い程、テレクラ店舗が建っていました。当時からリンリンハウスは有名でしたが、この頃はまだ個人経営しているローカルテレクラが数多く存在していました。

 

しかし、残念ながら2014年現在のテレクラは絶滅したと言えます。理由は風営法がテレクラに適用され、多くの都道府県でテレクラ条例も設定されてしまった為です。だから現在残っているのは巨大な資金力を持ち風営法で運営可能な土地を持っているリンリンハウスだけになってしまったのです。

 

独占状態となった店舗型のテレクラは正直言って当時の黄金期を知っている人間からしてみると物凄くつまらない。テレクラの醍醐味であった電話の早取りの仕組みも無くなってしまいましたからね。とにかく刺激が足りないのです、今のテレクラは。

 

しかし、テレクラの需要は無くなった訳ではありません。最近はテレクラの仕組みをそのまま電話で楽しめるツーショットダイヤル番組が人気化してきているからです。このツーショットダイヤルは当サイトでも大々的に紹介していますから皆さんもご存知ですよね?

 

中でもマックスはツーショットダイヤル番組の最大手の部類に入る番組です。何故なら、実はこのマックスは上記で述べたリンリンハウス系列の会社が運営しているからです。知ってましたか?

 

今回はこのマックスがいかに「出会いの面」で優れているのかについてお話したいと思います。

 

リンリンハウス系列が運営している意味

まず考えて欲しいのが、何故店舗型のテレクラを運営しているリンリンハウスが、わざわざ同業者と言っても良いマックスを運営しているのかと言う点です。皆さんに確認して欲しい事があります。googleの検索窓で「リンリンハウス」と打ち込みリンリンハウスのホームページを見て欲しいのです。そこで最初に流れる動画を良く見て欲しい。

 

なんとリンリンハウスのホームページににも関わらず、「マックス」の宣伝紹介動画が堂々と再生されるのです(笑)これって凄い事じゃないですか?

 

もうリンリンなんて使わないでツーショットダイヤルを使おうよ!って言っている様にしか聞こえません(笑)

 

つまりテレクラ運営側から見ても店舗より電話で楽しめるマックスの方が盛り上がっていると公言しているのです。実際にマックスはツーショットダイヤルの中でも極めて「出会いに特化」している番組に仕上がっています。

 

特に素人女性集客の力の入れ方は凄いです。大手ガールズトーク掲示板「ガールズチャンネル」をご存知でしょうか?何とこの掲示板の「おしゃべり」コーナーの部分に記載されている電話番号がマックスの男性会員と繋がる仕組みを実現しています。

 

つまり、サクラは無し。ガチの素人女性がマックスには確実に流れて来ている事を意味していますからね。マックスにはこの様な仕組みが多数盛り込まれています。今回はガールズチャンネルと言う仕組みを説明しましたが、長くなってしまったので次の回で詳しく説明したいと思います。