出会い系アプリがここまで寂れたのはツーショットダイヤルとの世代交代が原因である!

出会い系サイトが最近になって立て続けにアプリ化されたのをご存知だろうか?ワクワクメール・YYC・ハッピーメール・イククルなどなどが代表的だ。一見、AppランキングやAndroidランキングを見ると順調にダウンロードされている様に見えるが、実はの中身をじっくりと見ると過疎化が進み出会いコンテンツとしては崩壊している。

 

今の出会い系アプリを使っている人は、殆どが詐欺に近い騙され方をされている人々だけである。当人は全く気づいていないのだが。。。

 

具体的に言うと今の出会い系アプリでの男女のやり取りの殆どが割り切りやサポート、愛人募集などの援助交際である。これは掲示板の書き込み内容を見れば一目瞭然。「ホ別3で会いたい」「今困ってるので助けてくれるパパ募集」「割りで出会える人いませんか?」これらの書き込みは全て金銭と引き換えにセックスをすると言う売春募集の書き込みである。

 

更に悪質なのが、これらの書き込みをしているのが援デリと呼ばれるチンピラが個人的に経営する非合法のデリヘルなのである。つまり、掲示板への書き込みはチンピラがして、返事もする。

 

「売春が」掲示板内で成立したら後は、囲っている女達を適当に派遣するだけだ。注意したいのが掲示板などで写メールなどを要求しても適当な写真を送ってくる。実際に現れるのは写真とは全くの別人であるので、完全に詐欺行為と言えるだろう。まあ、その前に管理売春は完全に違法なので書き込みしている連中はガチのヤクザ絡みかチンピラである可能性が高い。

 

こんな酷い状態を野放しにしている出会いアプリの運営もどうかしている。とにかく全く改善される様子がないのだ。

 

そして終に、この酷い現状に気づいたユーザー達が一斉に出会い系アプリから退会を始めている。更に深刻なのが、かなり真剣に友達や恋人探しをしていた完全素人女性がゲスい男性ユーザーからの書き込みにウンザリして殆どいなくなってしまった事だ。

 

もはや出会い系アプリはの時代は終わったと言うしかない。

 

そして、素晴らしいタイミングで広まったのが当サイトで紹介している電話での出会いを実現してくれる「ツーショットダイヤル」番組なのである。とにかくツーショット番組はタイミングが良かった。何故なら、出会い系の崩壊と共にLINEが電子メールに変わって国民的な通信手段になったからだ。

 

LINEで変わった事と言うとスタンプを利用したチャットだと思っている方もいるかもしれないが、実は違う。本命は完全無料を実現した無料音声通話の部分にある。これが可能になったおかげでコミュニケーションがメールや文字などから確実に電話へ再度シフトし始めたのだ。

 

もしかするとツーショットダイヤルに日が当たったのは必然かもしれない。そもそもテレコミの中ではテレクラが圧倒的な人気だった。ツーショットダイヤルはどちらかと言うと非常にニッチなコンテンツであった。

 

しかし、今はツーショットダイヤルが完全に出会い系に変わり、コミュニティーの頂点に上り詰めようとしている。この現象に気づいている一般人はまだ少ない。しかし、生粋のナンパ師などは既に美味しい思いをしまくっているのだ。